サラリーマン vs 起業家 どちらが安定している?

いつも、ブログを読んでいただきありがとうございます。

サラリーマンと起業家 どちらが安定しているか?

最近、こんな議論がされているのをみかけます。

kigyouka

一般的には、

サラリーマンはローリスク・ローリターン

起業家はハイリスク・ハイリターン

と言われています。

ですので、安定しているという意味ではサラリーマンと

考えられている人が多いと思います。

しかし、最近では、大手企業のビジネスモデルが崩壊し始めている中

サラリーマンもけっして安定している職業ではないということを

感じ始めている人も多いと思います。

以前、僕のブログでも少し書きましたが、

起業家として自力で稼げる力を持っているほうが

今の時代では安定しているともいえます。

しかし、よく考えていけば、

サラリーマンとして勤めている会社自体、

誰かが起業したからこそある会社であり

その会社で働いている以上

起業人の一メンバーとなっているわけです。

サラリーマンの収入がなくなるときは、

会社がつぶれるか、クビになるときです。

(自ら辞めない限りは)

会社が潰れる、もしくは会社員として戦力外通告を受ける

どちらも、社会として必要とされなくなっている状態に

なったときに安定した収入が得られなくなるということです。

kaisya

ということは、

起業家だろうが、サラリーマンだろうが

安定した収入を得たいと考える場合は

社会に価値を提供できる人間や会社であり続けることが必要だと

いう点では、同じだということです。

これが、提供できなくなった時点で

安定した収入は得ることができなくなるわけです。

つまり、社会で価値の高い存在であり続けることが

唯一安定した収入を得続ける手段だと僕は考えています。

あとは、

自分の力を最大限発揮し、それが認められる

場所がどこなのかの違いだと思います。

しかし、ここで大きな違いがでてきます。

サラリーマンとして、

会社の中では価値が認められるスキルが

あったとしても、

社会に一人で飛び出た瞬間に、

その価値が認められなくなることがあります。

そういう意味で、会社が倒産し、

突然、無職状態になったとき

自力で稼げる力を身に付けておくことが

重要ではないかと思います。

自力で稼げるスキルを持っていることが、

一番の安定だと思うわけです。

そして、そのスキルを会社のために使ったり、

自分でビジネスをしたりとしていけばよいわけです。

自力で稼げるスキルがあれば、

それをどの分野で適用するか。

それだけの違いの話です。

私も会社という場所と

自分のビジネスという2つの分野で

スキルを活用しているだけの話です。

大手企業の福利厚生や厚生年金など、長期的な安定性を

兼ね備えつつ、

会社に依存せずに、自力でも稼げる

起業家精神を持ち合わせている。

これが、最強の状態だと思いますし、

それが実現できるのが、サラリーマン起業家だと僕は考えています。

ドラゴンボールでいえば、フュージョンみたいな・・。

と、突然ちょっと古いたとえを入れてみました。

よく分からない人はすいません・・。

なので、サラリーマンと起業家どちらが安定しているか?

という議論自信あまり意味のないことで、

「市場価値の高い人であり続けることができるかどうか。」

だと考えています。

サラリーマンだろうが、起業家だろうが、

自力で稼げるぐらいの

市場価値のある人間になることが、

求められている時代になってきていると思います。

ブログデータを読み込めませんでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>