サラリーマンだからこそ起業!ですね。

いつも、ブログを読んでいただきありがとうございます。

先日、Facebookで知り合った人とメッセージを

やりとりさせていただいていたのですが。

「サラリーマンでも起業できるんですよ。」

というお話をしていたところ、

「サラリーマンだからこそ起業ですよね」

という言葉をいただきました。

まさに、その通り!

このように、私と同じ考えを持っている方も

多くなってきたのだとと大きな気づきを得ました。

「一発当ててやろう」とか

「大金を稼ぎたい」とか、

「北新地でシャンパンタワーして~」とか、

「ベンツ買って見せびらかしたい」とか

そんな考えではなく、副業を始めている人が多いわけです。

今の安定した生活が将来にわたって保障されていない時代です。

「安定した生活を送りたい」

そう考えて人だからこそ、自分のビジネスをはじめるべきだと思うのです。

サラリーマンの道を選んだ人って、

ある意味安定した収入を稼いで、

老後も安泰した生活を送りたい。

収入はそこそこでいいので、

家族との時間を大事にしたい。

そんな思いを持っている人が多いのではないのでしょうか。

そう考えている人こそ、

今のサラリーマン収入だけに頼った、

ライフスタイルから抜け出すべきなのではないかと考えています。

大手企業の業績が伸び悩み、リストラが平気ですすんでいく中。

年金破たんするのはもうわかりきっている状況で、

私たち30代前後の世代は、年金がいつからもらえるか

わからない状況です。

一人の労働者が一人の高齢非労働者を

支えないといけない時代がきてしまうわけです。

会社側は雇用の長期化を求められ、

今までのような給料を社員には払えなくなることも

目に見えてきている状況ではないでしょうか。

そんな中、自力で稼げる力を身に付けておくべき

ことは明白だと思います。

先日も少し書きましたが、

会社が 「副業を認めない時代」 から、

会社が 「副業を斡旋する時代」 に

なっていくのではないでしょうか。

欧米諸国ではプライベートカンパニー

を持っているのはもはや常識です。

また、2020年なくなる仕事リストについても

以前書きましたが、

システムで自動化が進んでいき、多くの仕事がなくなっていきます。

農業革命や産業革命で多くの人が職を失ったときのように

これから、2020年に向けて、多くの人が職を失うことが

週刊現代ビジネス で発表されています。

多忙なサラリーマンでも

仕組みを自動化して収益を発生させることはできます。

そういった事を

「知っているか、しらないか」

「実行するか、しないか」

ただそれだけです。

私もできたのですから、あなたにも絶対できます。

自動で収入が発生するというのは、

イメージがつきにくかもしれませんが、

分かりやすい例でいえば、自動販売機や賃貸不動産などで

あればイメージがつきやすいのではないでしょうか。

あなたは、ほとんど何もせずに、

毎月お金が振り込まれてくるという安定した副収入を

得ることができます。

でもこういったものは、土地やお金などの資産がないと

厳しいですよね。

そういった、資産を持っている人は、

そこまで心配しなくてもよいかもしれませんが、

そういった資産がない人でもはじめられるのが、

インターネットビジネスなのです。

インターネットビジネスをはじめるために必要な

お金はごく少ないお金があれば、もしくは0でも可能です。

こういう仕組みを学び、構築しておくことが

これからの将来を考えると必要となってくる時代です。

とくに、

「安定した生活を送っていきたい」と考えている人は

自力で稼ぐスキルが必要になってきている時代だと思います。

本日は以上です。

最後まで、ご購読いただきありがとうございます。

    サラリーマン起業家 Atarashi Souta

ブログデータを読み込めませんでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>