情報をコントロールする人が成功する時代

ネットサーフィンをしていると、探している情報以外の情報が

たくさん目に飛び込んできて、必要な情報がなかなか得られないという経験をしたことが

ありませんか?

稼げる情報などもたくさんありすぎで、

いったいどの情報を信じればいいのかわからない。。

そんな、モノや情報があふれかえっている時代となってきており、

単なる情報には価値を感じられにくくなってきています。

重要なのは、必要な人に、必要な情報を、必要なタイミングで

情報を提供してくれる人をみんな求めているのではないかと思っています。

もし、10個の伝えたいことがあったとして、

それをいきなりすべてをつたえるとほぼ100%読んでもらえませんよね。

ひとは判断するのに複数の選択肢や多くの情報を求めようとしますが、

その情報が多すぎると、思考が停止してしまうのです。

ですので、ステップメールなどを利用して、

段階的に情報を提供していくという方法がとられているわけですね。

これを裏付けるデータとしてジャムの実験というものがあります。

北カリフォルニアにあるドレーガーズ・マーケットというスーパーで

研究者のシーナ・アイエンガーとマーク・レッパーは、

この店にジャムの試食ブースをつくり、6種類のジャムを並べたときと

24種類のジャムを並べたときの反応を調べる実験を行いました。

24種類のジャムが並べられていたときは買い物客の60%が試食し、

3%の買い物客が購入されました。

6種類のときには40%しか試食しなかったそうですが、

30%近くの買い物客が購入されたということです。

つまり、選択肢の数は興味を引くことができるが、

購入を決断するには逆効果となったということです。

いや、人の行動心理って面白いですね。。

必要なのは、必要な人に必要に応じた情報を必要なタイミングで提供すること。

いきなり多くのデータを与え過ぎると、人は判断できなくなってしまうということを

意識しておく必要がありますね。

ブログデータを読み込めませんでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>