2020年になくなってしまう仕事

週刊現代ビジネスで2020年になくなってしまう仕事リストが発表されていました。

テクノロジーの発展や

ネットスーパーやAmazon、

楽天などのショッピングモールでのビジネス拡大

人口減などの影響により大きくビジネス環境がかわり、それにより

必要となくなる仕事がでてくるわけです。

「電車の運転士・車掌」

「レジ係」

「通訳、速記・ワープロ入力」

「プログラマー」

「新聞配達員」

「郵便配達員」

「レンタルビデオ」

「ガソリンスタンド」

「高速道路の料金徴収業務」

「仲卸業者」

「小規模農家、兼業農家」

「大手電力会社」

「自然エネルギー関連」

「参議院議員」

「専業主婦」

「日本人の取締役」

「中間管理職」

「受付・案内業務」

「一般事務、秘書」

「オペレーター、コールセンター」

「訪問型営業」

「金型職人」

「倉庫作業員、工場労働者」

 「コピー・FAX・プリンター関連」

「証券・不動産ブローカー」

「ヘッジファンドマネージャー」

「生保レディ」

「教員」

「証券アナリスト、ファイナンシャルプランナー」

「交番の警察官」

出典:週刊現代ビジネス 2013.7.25

どうですか?

あなたの仕事は対象になっていませんか。

直接対象となっていなくても、上記の仕事がなくなることで間接的に

影響をうけることもあります。

多数にまたがる職種への影響があげられていますが、

ポイントは中間所得層が必要なくなる時代になってくるということです。

技術の発展、インターネットを活用した効率的・自動的な販売システムの確立

などにより、今まで人がたくさんあつまり、規模の経済を働かしてビジネスをする方法は

通用しなくなり、むしろ個人の情報発信力に価値が感じられるようになってきています。

(訪問販売営業、卸売業など)

つまり、価値ある情報を提供する情報統制できる人や仕組みをもっている一部の成功者

だけが必要となってくるということです。

それを実行する仕事はインターネットやシステムの自動化などにより不要となるわけです。

(オペレーター、コールセンター、運転士、配達員など)

つまり、ビジネスを企画し情報をコントロールできる人とそれを支える一部の人

でビジネスは成立するわけです。

それ例外の人は労働集約型のビジネスをしないと稼げないという時代となり、

そういう仕事の人材の供給過多となり、安い給料での働き口しかないという時代に

なってくるということです。

要は収入の2極化が極端にすすんでいく時代に突入していっているということです。

2020年ということは、あと6年。

そう遠くない現実の問題として、今から自分の価値を高め、ビジネスを企画し

情報をコントロールできる力を蓄えておくことが必要だと思います。

サラリーマンで中間所得層の人は、インターネットビジネスなどで

個人の情報発信力、メディア力を醸成しておき、ビジネスを企画し情報をコンロールできるよう

準備をしておく必要があると私は考えています。

ブログデータを読み込めませんでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>