個人の情報発信に価値がある時代です

今日もブログを読んでいただきありがとうございます

妻がめずらしく、女性ファッション誌を買ってきました。

最近の女性ファッション誌を見たことありますか?

厚みが半端ないぐらい分厚さです。

これ辞書ですかってぐらいの分厚さですよ。

出版業界の不況の中、競争のうえ広告なコンテンツが鬼盛りした

結果この分厚さになっていたったのですね。

しかし、妻は雑誌はほとんど見ないでポイッですよ。

雑誌を読みたくて購入したのではなく、

雑誌についてくる「おまけ」がほしいがために

雑誌を買ってるということです。

ちなみに、雑誌の発行部数は年々減少しているということをよく聞きますので

調べてみると、2000年からくらべて、雑誌は70%程度まで減少しているようです。

そして、今でも毎年5%程度づつ減っているのが今の現状だということです。

 出版物の売上推移グラフ

引用:http://www.wildhawkfield.com/2013/10/graph-of-publications-sales.html

なぜ、雑誌が読まれなくなったかというと、

雑誌を買わなくても優良な情報がインターネットで収集できるからに他ならないと思います。

現に、私の妻も最近購入する服は、自分が愛読しているブログの人が紹介している

服をみて購入しています。

自分の背丈やセンスに一番近い人のファッションを参考にしているわけですね。

以前はファッション雑誌で誰もが羨むモデルが着ているオシャレな服にあこがれて

そういうオシャレ情報を雑誌から入手して服を購入していました。

今はブログなどで、自分に近い存在の人がフッションの情報を発信しています。

そういった自分に近い存在の人に好意を抱く傾向が強くなってきており、

そういう自分が好意を抱いた身近な人が紹介するものがほしがる傾向にあるいるということですね。

誰もが羨むものをマス的に発信している時代から

自分にあうものをマクロ的に発信してくれる情報に価値を感じてももらえる時代なのです

自分と同じ感性を持った人はネット上にはたくさんいます。

同じ感性をもった人の中で少しだけ抜き出たものを情報発信していけば

価値を感じてもらえる情報になるということです。

価値を感じてもらえれば、人はある集まり、そこでビジネスをしていくことができるようになります。

ぜひ、あなたの個性・感性をまずはブログやFBなどで発信していってください。

そして、個性や感性が研ぎ澄まされていくことで必ず読者やファンが増えていきます。

ブログデータを読み込めませんでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>